Hideのおすすめ本とエッセイと絵と詩等のブログ

おすすめ本やエッセイ、絵、自作詩などを載せていきたいと思っています。

「海に霧」寺山修司 集英社文庫

演劇の世界で活躍した著者は、短詩型もよくしました。この本はその寺山の短歌俳句集です。題名の由来となった「マッチする束の間海に霧深し身すつるほどの祖国はありや」の歌も収められています。終戦直後の日本人の複雑な心境が読み込まれていると言っていいでしょう。寺山の詩歌は音楽的で独特の韻律を持ったものです。東北の山村で、性格の強い、感情の起伏の激しい母の圧倒的な影響の下に育てられた寺山は、その荒々しい母の影を一生涯背負って生きた詩人でした。「時には母のない子のように、黙って空を見つめていたい。」の詩句は、歌謡曲にもなりました。「誰か故郷を思わざる」の人々に愛唱された詩句もあります。当代を代表する詩人でした。