Sekiの本と詩とエッセイのブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「論語」 <最上至極宇宙第一之書(仁斎)>

岩波文庫でも「論語」はありますが、わたしは朝日選書の方を選びます。言わずと知れた中国を代表する古典中の古典です。


上掲の「最上至極・・・」の言葉は、江戸期の大儒伊藤仁斎が自注の稿本を改訂するごとに、巻頭に書こうかどうか迷った言葉で、結局、この言葉は削られたそうです。


「論語」は孔子を中心とした言行録です。「己の欲せざる所は人に施すことなかれ」<自分がされて嫌だと思うことを、人にしてはいけない>という有名な言葉が見えます。この言葉は「恕」<じょ>という漢字一言で言い表せます。


儒教は後世、体系化され、組織化されましたが、その枠を取り払っても、充分に現代に通用する実に偉大な知恵の書です。新約聖書のように奇跡的な事績で、現代人の頭を迷わせるようなことはまるでありません。


孔子という人物は世界の四大聖人の中でも、まったく伝説の衣も宗教的な衣も纏っていない、すぐそこの身近に感じられるというような有り難い人です。私たちは地に足をつけた聖人を目の当たりにすることができます。


およそ、どの時代のどのような社会にあっても、中を得た基本図書になり得るようなこの書物の普遍的な性格は、言い表す言葉が見つかりません。この書を読んでいないという人は非常な幸運と言っていいでしょう。これから、なんの先入観もなく、孔子という人物に出会えるのですから。