Hideの本とエッセイと詩のブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

自作詩 若い友人の訃

この夏の日盛りに君は忽焉として
逝った


心臓に大病を抱えた君の体は
するどく痩せていた


それでも君は仕事に熱心だった
誰のためというのでもなく
動かぬ足を引き擦ってでも
君は仕事先に出掛けた
それは君の譲れぬ意地であったか


口は開き喉の奥の白い詰め物が見えた
君の死に顔は痛ましかった


略式の無宗教の葬儀は二十七才で終わった
君の生の不思議な軽さを思わせた


いまは
君の死をしずかに受け入れよう


さびしい死を
われわれが忘れることのないように


室屋君よ
さようなら