Hideの本とエッセイと詩のブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

井伏鱒二「黒い雨」 <恐るべき平常心>

飄然としていながら、独特の風格をもった現代作家、井伏鱒二の代表作です。原爆が投下されてから約二十年後に、この本は完成しました。日本最初の原爆小説ですが、二十年という年月がいかにこの悲惨な現実を描くことが難しかったかを物語っています。


そうして、これほどの悲惨な戦争の悲劇を取り扱いながらも、飄々とした味を失いません。恐るべき平常心です。