Hideの本とエッセイと詩のブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「基督信徒の慰め」内村鑑三 <感動の書>

内村鑑三は、明治期を代表するプロテスタントのキリスト教徒です。内村は日本史にも登場する「不敬事件」で当時の社会から指弾を受け、内村の家は投石され、妻はその心痛に耐えかね病死します。


この書は、その内村独自の人生経験から生まれました。「艱難を受けそれを耐え忍ぶ者は、すでにして基督教徒である。」という言葉は、この書を読む者の肺腑を衝かずにはいません。内村の異常な精神力と繊細な感受性とが溶け合った本書は、優に情操文学の名前に値します。感動の書です。