Sekiの本と詩とエッセイのブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「マルテの手記」リルケ <劇薬のような書物>

作者のリルケはロダンと同時代人のドイツの詩人です。何よりもネガティブなもの、特に夜をこよなく愛しました。「闇の詩人」と言ってもいいでしょう。この「マルテの手記」の毒は強烈です。リルケ自身が、マルテの心情に付き添うことは危険だと自分の愛読者に語っています。


読み進むうちに、われわれ自身のうちの確かなものが次第に揺らぎ始め、やがて根元から浸食されていくのを感じます。読後も、なんとも言いようのない悪夢が続いているような心持ちになります。劇薬のような作用をする書物です。