Sekiの本と詩とエッセイのブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「沈黙」遠藤周作

カトリック作家、遠藤周作の代表作です。日本におけるキリスト教受容の歴史において欠かすことができない人物です。ルオーの描く、常に弱き者貧しき者の隣に寄り添うキリストの絵に衝撃を受け、長崎で出会った人々に踏まれ続けた踏み絵のイエス像を見て、この作品は形をとりました。


責め苦に遭ったバテレンの神父は、踏み絵のイエス像が進んでわたしを踏めと言っている内心の声を聴き取ります。神は沈黙しています。作中、もっとも厳かな場面です。謎めいたイエスの像は、目鼻も分からぬほどすり減っています。迫害は常にわたしとともにある。イエスと痛みを分かつように神父は踏み絵を踏みます。日本のイエス・キリスト像がこれほど純粋な形をとったことはかつてありませんでした。日本のカトリックの歴史に抜き差しならぬ痕跡を残した名著です。遠藤周作は、また狐狸庵先生として他に気楽な本をたくさん書いています。