Sekiの本と詩とエッセイのブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「タテ社会の人間関係」中根千枝

日本はタテ社会であるという現在では当たり前となっている常識を作った書です。著者の言うタテ社会の意味は、しかし、実際に本書を読んでみれば分かりますが、現在流布している「タテ社会」という言葉とは、ずいぶん異なったものです。常識として通用している言葉が、いかに本来の意味合いから遠ざかってしまうものであるかの見本のような言葉です。著者は、西洋社会で流布している言葉が、日本の社会でそのまま使用することに無理を感じ、「タテ社会」という言葉を案出しました。著者は女性ですが、分析力の鋭さは舌を巻くほど正確です。著者の言葉を少し引用すると「重要な情報がタテに行き来する社会」という日本社会への一論点があります。本論は、日本社会のもっと微妙な勘所についても語ってくれています。再読に値する書です。