Sekiの本と詩とエッセイのブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「狂気について」渡辺一夫

戦争という狂気に走らざるを得ない人間というものを、深く考究した書物です。著者は、ある著名な文学者の書いたまったく当たり前な戦争反対論を携えて、第二次世界大戦当時、少しでも戦争反対に尽力しようと、自分の知り合いたちに、戦争のような無益なものに関わることがいかに馬鹿げているかを説いて回ります。著者のユマニテの思想は筋金入りでした。結局、日本は負け、言いようのない虚しさに襲われたと著者は語ります。人間の本当の姿を問い続けた学者です。