Sekiの本と詩とエッセイのブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「私の好きな曲」吉田秀和

著者は音楽や絵、文学に造詣の深い文芸評論家です。詩人の中原中也とも親交がありました。中也はバッハの「パッサカリアとフーガハ短調」が大好きだったそうです。豊富な音楽体験をもとに、どの曲がどのように好きなのか鍛え上げられた審美力を用い、懇切に楽曲の本質に踏み込んで解き明かしてくれます。著者自身をさらけ出したような章もあります。近代音楽批評の基本路線を敷いた著者会心の書物です。