Sekiの本と詩とエッセイのブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「セザンヌ物語」吉田秀和

著者は絵画の専門家ではありませんが、日頃から傾倒している画家セザンヌについての一書を著してみたいと筆を執りました。遠近法に従って見ていると、どうしても違和感の出て来るセザンヌの絵の特徴を詳しく説明し、その拠って来たるセザンヌの創造の秘密に迫ろうとします。人物としても非常に風変わりであったセザンヌの風貌もあますところなく描き出されています。小林秀雄の「セザンヌ」も参考にして読むと、より得るところが大きいでしょう。