Hideの本とエッセイと詩のブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「ファウスト」ゲーテ

この劇詩は、選ばれた少数の人々のためにしか書かなかったとゲーテは言っています。老博士ファウストはあらゆる学問を究めた後、いい知れぬ虚しさを味わいます。悪魔メフィストが現れ、世の活動に満足を見出すまでという契約によって再び若さと健康を手にし、世の中のあらゆる活動にわが身を委ねます。ゲーテが五十年の歳月を費やし、死ぬ直前に完成したこの劇詩は、一筋縄で読める書物ではありません。第一部は別で、これは誰でも読めますが、第二部に入り象徴的な筆致が濃厚になってくると、何が言いたいのかさっぱり訳が分からないという人が多いのです。そうして、最終行の「永遠に女性的なるものはわれらを引き上ぐ」に至るまで、読みこなすにはゲーテが言う通りの精神的な選良でなければならないでしょう。ユングは「ファウスト」に真の錬金術の過程を見ています。世界最高峰に位置する古典中の古典です。