Sekiの本と詩とエッセイのブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「ヘルマンとドロテーア」ゲーテ

ゲーテは自分の書いた「若きウェルテルの悩み」は、ほとんど読み返そうとしませんでしたが、この「ヘルマンとドロテーア」という恋愛劇詩については、晩年になっても強い愛着を持ち、何度も読み返したと言います。一読、清新で豊かな抒情性と建設的で骨太い理性とが見事に一体となって感じられる作品で、破れ目のない古典的な均整が高いレベルで達成されています。けれども、劇自身は危うく座礁しかねない瀬戸際のところまで行きます。ゲーテ作品中の佳品です。