Sekiの本と詩とエッセイのブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「枕草子」清少納言

「春はあけぼの」であまりにも有名な日本三大随筆の一つです。千年以上経った今でも、清新でフレッシュな感覚を感じさせるこのような書物は、日本の古典の中でも他に比べるものが見当たりません。有名な巻頭の春夏秋冬を叙したくだりは、原稿用紙一枚にも満たないほど短いものです。「香炉峰の雪は簾をかかげて見る」の有名な即興の場面は、今でも現代人の寝ぼけた目を覚まさせるのに充分な新鮮さを持っています。古典というものの力を改めて感じさせる随筆です。