Sekiの本と詩とエッセイのブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「般若心経・金剛般若経」

膨大な数の仏典の中でも、仏教の教えがもっとも平易に説かれた書物です。般若心経はいうまでもなく、大乗仏教の空の理法を簡潔に説いたもので、仏教経典の真髄と言われています。また、金剛般若経は、仏教経典の中でも、もっとも初期の頃に成立した書と言われ、後に登場する教典のものものしさ重厚さがなく、清新ないぶきとともに仏教思想が語られる仏典の中では珍しい平易な書物です。仏教に興味のある人には、まず、この本を手に取ってみることをお薦めします。