Sekiの本と詩とエッセイのブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「日本の弓術」オイゲン・ヘリゲル 岩波文庫

ドイツの哲学者ヘリゲルが日本に来日し、折角だから日本文化を学ぼうと弓術を習うことにします。そこで、論理思考によって武装した西洋の知性と心技体を体得した日本の弓術の師匠との激しいぶつかり合いが生じます。お互いに一歩も譲らないまま弓道の練習は佳境を迎えます。どうしても納得できないヘリゲルに、師は、的に一本の矢を放ちます。共時性が見事に時と場所を得て、放った矢が、先に的に刺さっていた矢そのものを貫きます。西洋知性と日本の芸道精神とが激突し、鮮やかな閃光を放ちました。詳細は本書に譲りましょう。ヘリゲルは後に、真の日本文化を継承した人物として歴史に名が刻まれます。