Hideの本とエッセイと詩のブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「ソクラテスの弁明」プラトン 新潮文庫

プラトン初期の傑作です。アテネの法廷に立ったソクラテスが不当に断罪され、死罪を言い渡される有名な話ですが、ソクラテスは判決を言い渡された後、親しい人々に不思議なことを語ります。「諸君、驚くべきことが起こった。私のダイモーンがまったく沈黙してしまったのだ。」ソクラテスのダイモーンは、ソクラテスが子供の頃から、その行動の些細なことまで介入し、禁止の鈴のような音を鳴らすのですが、そのダイモーンの音がまったく聞こえなくなったというのです。ソクラテスは自分の死を受け入れてから、尋常な人間とはまったく異なる別の存在、まさしくダイモーンそのものになったと考えて良いのかも知れません。ベルクソンはこのソクラテスのダイモーンについて卓抜な論考を残しています。