Hideの本とエッセイと詩のブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「パイドン」プラトン 新潮文庫

たましいの不死をテーマとした対話篇です。ソクラテスの対話相手が、人間の心の仕組みを、見事な比喩によって解き明かそうとします。死を直前にしても、平静な語り口で語られるソクラテスの言葉には、どんな人間の心さえやわらげるようなただならぬ力を内に秘めているようです。対話が終わり、獄卒に呼ばれ、ソクラテスは、当たり前のように毒杯を煽ります。なんの劇的な美化も装飾もありません。自然死のように静かに逝ってしまいます。およそ、これほど簡潔な聖人の死というものはないでしょう。