Hideの本とエッセイと詩のブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「怒りについて」セネカ 岩波文庫

セネカは暴君ネロの時代に生きたストア派の哲学者です。どのように荒れ狂い、自分を圧倒するような怒りであれ、その怒りは自分ではない。お前はわたしとは別ものだと、男らしい意志を持って、その怒りを自分から截然と切り離すことを知恵とした哲人です。セネカはこの書で、怒りがどれほどの害悪をもたらすものであるかを精細に吟味しました。誇り高い超然とした賢者の書と言っていいでしょう。