Sekiの本と詩とエッセイのブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

自作詩 卵

それはぼくがよそ見をしているいつのまにかの間に
出来あがっていた
驚きもしたが
また
それはそうであるべきものだろうとも思った


けぶった靄のかかった高原にコトンと生み落とされた
もののように


それは空恐ろしくもあり
また新鮮な可能性に満ちていた


ぼくはいつのまにか卵を一つ
所有していた
ちょうど両手ですっぽり包み込めるくらいの大きさの
生温かく
さらりとした手触りのそれを


ぼくはふるえる手で
おずおずとそれを握るしめる
割らないように
落とさないように


いつ孵るか知れない
あるいは
ずっと卵のままであるかもしれない
それを
ぼくの唯一の生命のあかしとして


どこへでも持って行こう
いつまでもそれとともにいよう


ぼくは明らかなわたしという徴<しるし>と
出会ったような気がした
おそらくは
ぼくよりもずっと生き延びて行くに違いない
わたしと