Sekiの本と詩とエッセイのブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「相対性理論入門」内山龍雄 岩波新書

難解な相対性理論を厳密に、しかし誰にでも分かり易く説くために、著者は、ニュートン力学から筆を起こします。その次に、動いている船からボールを落とすと、船上の人にはまっすぐ下に落ちるように見え、岸から見る人は、ボールは弧を描いて落ちるように見えます。この二様の見方を説明したのが、ガリレオ・ガレリーの相対性原理です。この原理を元にして、物が光速で動いていく場合どのような物理現象が起こるのかを物理学に不案内なわれわれにも、よくよく納得できるように説明してくれます。よくある通俗的なアインシュタイン理論の紹介書とは一線を画する相対性理論の第一人者によって書かれた本格的な相対性理論入門書です。