Sekiの本と詩とエッセイのブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「『文明論之概略』を読む」丸山真男 岩波新書

名著「文明論之概略」を精細に読んだ、丸山真男の評論文です。丸山は戦後民主主義を代表する思想家ですが、自分の拠って来たる思想の根本となった、福沢諭吉の代表作であるこの書物を、自分なりに得心のいくまで吟味しようと筆を執りました。丸山の読みは明快です。文明の理想を不抜の理念とする思想は、どこにも曖昧さはないと言っていいでしょう。これは「文明論之概略」自身の明るい色調から来ている性格だと思いますが、一読、痛快と言えるようなさばさばとした読後感があります。日本人によって書かれた思想を跡付けていって、こうしたことが起こるのは稀れのことと言えます。丸山は「福沢惚れ」と自認するほど、福沢諭吉が大好きな人でした。