Hideの本とエッセイと詩のブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「紀貫之」大岡信 ちくま文庫

これまでの紀貫之のイメージを一新した画期的な名著です。子規の「下手な歌よみ」評から論を起こし、貫之は決して子規の言うような歌人ではなかったことを、「うつしの美学」と著者が呼んだ菅原道真の詩との関連を説き進め、古今集の暗示性、象徴性を体現した歌人であったことを豊かな説得力を持った文章で論証していきます。「フィクション」の作者として貫之の才能の在り所を見定めて、論を締めくくります。時を得た優秀な歌人論です。