Hideのおすすめ本とエッセイと絵と詩等のブログ

おすすめ本やエッセイ、絵、自作詩などを載せていきたいと思っています。

「詩を読む人のために」三好達治 岩波文庫

三好達治は萩原朔太郎の弟子にあたります。自身優れた詩人であった著者が、現代詩を読もうとする年少の人たちのためにと筆を執りました。著者は「詩を読み、詩を愛する者はすでにして詩人であります。」と古人の言葉を引き、そう人々に呼びかけます。「この書物は、たださまざまの詩を、私という一箇の貧しい心に迎えて、さまざまに読みとったその一つの経歴書にすぎません。」と前置きし、自らの詩的経験を傍らに置くように、自在に詩群の遍歴に向かいます。すでに、読者を一人の詩人として遇した本書は、稀な自由闊達な詩心に溢れた詩の手引き書となりました。独りよがりで押し付けがましい詩の手引き書が多い中で、刮目すべき優れた名著です。