Hideの本とエッセイと詩のブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「バッハの思い出」アンナ・マグダレーナ・バッハ 講談社学術文庫

音楽の父ヨハン・セバスチャン・バッハの二度目の妻アンナによるバッハの評伝書です。およそ、音楽家の妻として、その夫について、これほどの評伝を残せた女性はアンナぐらいでしょう。それも西洋音楽史上、最上級の破格の天才バッハであったことは、後世のわれわれにとっては、何物にも代え難い最上の贈り物となりました。バッハの着実な忍耐強い生活を語り、そのバッハの、投獄の憂き目にさえ遭った頑固さを指して「あなたは、誰もみんなが書いたような音楽を書かなくても、あなただけは今と同じような自分の音楽を書いたでしょうよ。」と精一杯の皮肉を言うくだりは、夫婦の機微を的確に表して余蘊がありません。妻自身によるバッハ評伝の白眉です。