Hideのおすすめ本とエッセイと絵と詩等のブログ

おすすめ本やエッセイ、絵、自作詩などを載せていきたいと思っています。

「オイディプス王」ソポクレス 岩波文庫

フロイトのオイディプス・コンプレックスの出処となったギリシア悲劇です。オイディプスは、自分でまったく知らぬ間に、父を殺し、母と結婚して子を産ませます。劇は、そのオイディプスの所行が、連れて来られるさまざまな人々の証言から、次々と明るみに引き出されて行き、劇を見る者がオイディプスの悲惨極まりない運命に、思わず知らず引き込まれていくように進行していきます。真実を知ったオイディプスは、この過酷な現実をもう見ないようにと自らの両目に剣を刺します。けれども、それはすでに劇の始まる直前に合唱の中で、予言されていたことでした。運命に従うことに最良の人間としての生きる知恵を見出した古代ギリシア人の傑作悲劇です。