Hideの本とエッセイと詩のブログ

おすすめ本や自作詩、エッセイなどを載せていきたいと思っています。

「うたげと孤心」大岡信 岩波同時代ライブラリー

著者は言います。「日本文学の盛り上がりのときを見ていると、古今集にしても、新古今集にしても、その他の連歌、俳諧にしても、「合す」原理が強く働き、それだけではなく、その「合す」ための場の直中で、いやおうなしに「孤心」に還らざるを得ないことを痛切に自覚し、それを徹して行った人間だけが、瞠目すべき作品を作った。しかも、不思議にも「孤心」だけにとじこもってゆくと、作品はやはり色褪せた。「合す」意志と「孤心に還る」意志との戦闘的な緊張、そして牽引力が働いているかぎりにおいて、作品は稀有の輝きを放った。」著者の特に日本古典文芸作品についての実に鋭利な分析力と審美眼とが生んだ、まことに独創的で普遍的な見解です。